アラフォーメンズに本当におすすめの腕時計TOP5!【選び方やブランドの特徴も解説】

こんにちは、日が落ちるのが早くなってくると秋も深まってきたなぁと感じる今日この頃のボクです。

アラフォーになると時間が経つ感覚も昔とは変わってきますね。

さて、そんな時間に関する話題ですが、少し前にアラフォーらしく大人っぽくてカッコいい腕時計を購入しようかと検討していました。

そろそろ40代だし大人の男としてスタイリッシュな腕時計のひとつでも買ってみたいなぁ。ただ、これまで腕時計を買ったことがないからどんなものを買えばいいか分からない…

ハチロウ

オシャレ大好き友達

ようやく腕時計を気にするようになったか。腕時計を男のステータスみたいなものだから、ちゃんとしたものを買った方がいいぞ
でもどんな腕時計を買えばいいか分からないんだよね。腕時計といったらロレックスくらいしか知識がないんだけど

ハチロウ

オシャレ大好き友達

ロレックスは定番の腕時計でめちゃくちゃおすすめだけど、世の中にはほかにもたくさん良い腕時計があるよ。ただ、どれだけ良い腕時計でもあまりマニアックだと、周りに分かってもらえないから意味がないっていう部分もあるな

そんな流れで、オシャレ大好きな友達からの指南のもと、ボクはいろいろな腕時計を探していくことにしました。

そして、腕時計の勉強をしていくうち、いつのまにか段々と腕時計についての知識に詳しくなり、今ではすっかりと腕時計マニアとなっています。

この記事では、そんなボクがアラフォーのメンズにおすすめの腕時計ブランドと、腕時計の選び方を解説していきます。

腕時計に対してあまり知識がないという方でもきっと読みやすいはずですので、ぜひ参考までにご覧になっていってください。

アラフォーメンズが腕時計を選ぶときのポイントとは?

それでは最初に、アラフォーのメンズが腕時計を選ぶときに抑えておきたいポイントをご紹介していきます。

というのも、いきなりおすすめの腕時計やブランドを一気にご紹介しても「何がいいのか悪いのか」が判断できませんよね。

そこで、まずはアラフォーのメンズが腕時計を選ぶ際、どういったところに気を配るべきかをご覧ください。

【アラフォーメンズが腕時計を選ぶときのポイント】

  • ビジネス用なのかプライベート用なのかを考える
  • 自分の収入や社会的立場に合わせたものを選ぶ
  • 体型・ファッションなどによっても選ぶ腕時計のデザインは変わる
  • マニアックな高額腕時計はあまり選ばない方がいい

上記がアラフォーメンズにおける腕時計選びのポイントです。

ご覧のように一言に腕時計を選ぶといってもいろいろな要素があることが分かりますよね。

ビジネス用なのかプライベート用なのかを考える

まず自分がこれから買おうとしている腕時計はビジネス用に買うものなのか、それともプライベート用に買うものなのかを考えてみましょう。

ビジネス用であればあまり派手なデザインは好ましくありません。

特に高級な腕時計で派手なデザインをしているものを選ぶと、単純に「腕時計自慢をしたい人」のように見られてしまいます。

そのため、ビジネス用に腕時計を選ぶのであればシンプルなデザインのものがおすすめです。

また、ビジネス用の腕時計となると、取引先の相手から自分がどう見えるのかも考える必要が出てきます。

そうした際には、誰にでも分かりやすいブランドをチョイスしつつ、さりげない高級感を出すと効果的です。

もちろんプライベート用の腕時計であれば自分の趣味に合わせてお好きなものを選べばいいのですが、出来れば年齢に合わせたランクの腕時計を選ぶようにしましょう。

自分の収入や社会的立場に合わせたものを選ぶ

一般的に年齢や収入、社会的な立場を踏まえると、アラフォーのメンズが安物の腕時計をしているというのはあまりカッコよくありません。

プライベートで安物の腕時計をしているところを、もし会社の部下や同僚の女性に見られたら恥ずかしいですよね。

そのため、出来ればプライベート用にはミドルクラス以上の腕時計を1本持っておくことをおすすめします。

体型・ファッションなどによっても選ぶ腕時計のデザインは変わる

腕時計が似合う・似合わないはその人の体型やファッションによっても違います。

簡単に例をあげますと、

  • 体型ががっしりとしていて丸みを帯びている人→盤面が丸型のもの。
  • 中肉中背で筋肉質な人→スクエアタイプの時計、細身なら縦長の盤面のタイプを選ぶとスッキリとした見栄えに。
また、以下のようにファッションのイメージでセレクトしてみるのもいいでしょう。
  • フォーマル系のファッションを好む人→腕時計のベルト部分が革タイプを選ぶ
  • スポーティーでアクティブなファッションを好む人→→腕時計のベルト部分がラバータイプを選ぶ

マニアックな高額腕時計はあまり選ばない方がいい

世界には非常に高額で、さらにマニアの方々が好んで購入するようなこだわりの腕時計というものがたくさんあります。

しかし、どれだけ高額な腕時計を着けていても、周りの人がその価値を分かっていないとカッコよく見えないかもしれません。

そのため、なるべく分かりやすいカッコよさを求めた方が無難と言えます。

もちろん、こだわりを持って腕時計を購入するというのは良いことです。

誰も知らなくても自分だけがその腕時計の価値を知っていて、身につけているというステータスに浸りたいという方もいることでしょう。

個人的にもそういった考え方には賛成です。

ただ、やっぱり会社などに身につけていくには分かりやすいアイテムがおすすめと言えます。

趣味で買うのか、それとも会社に身につけていくのか、はたまた兼用で使うのか。

こうした部分を踏まえた上で腕時計を選ぶのも、アラフォーメンズとして必要な嗜みと言えるかもしれません。

アラフォーメンズに本当におすすめの腕時計ブランドTOP5

いろいろと腕時計を選ぶ際のポイントをご紹介してきましたが、ここからは実際にどういったブランドの腕時計がおすすめなのかを見ていきます。

ちなみに、あまりいろいろなブランドを列挙しても、ただのブランド紹介ページにしかならないと思いますので、ここでは「本当におすすめのブランド」を5つだけまとめました。

どれもアラフォーのメンズがビジネスシーンで身につけていて、確実にウケがいいとされるブランドばかりです。

もちろんプライベートで身につけてもカッコいい腕時計を販売しているブランドなので、ぜひ参考までにご覧ください。

アラフォーメンズにおすすめの腕時計【第5位】ボーム&メルシェ

ヨーロピアンカジュアル&エレガント」というテーマで時計作りをおこなっている、スイス・ジュネーブのブランドです。

・クリフトン

上品なシルバーデザインにブルーの針が魅力的。
大人の男が身につけていてセクシーさが感じられるアイテムです。

・ケープランド

アクティブな労働環境にも耐えうるタフな性能が人気。
文字盤にはタキメーターとテレメーターを備えたクロノグラフ仕様となっています。

どのアイテムも値段的に30万円から60万円ほどの価格帯ということで、比較的手が出しやすいのにオシャレというのが、こちらのボーム&メルシェです。

クリフトンはフォーマルなプライベートファッションにも合わせやすい1本となっています。

アラフォーメンズにおすすめの腕時計【第4位】オーデマ・ピゲ

ラグジュアリースポーツウォッチという新たな分野を開拓したブランドで、その技術力の高さはヨーロッパでも随一と評判です。

洗練されたデザインと、どこか無骨な印象もあるデザインのコントラストがたまりません。

・ロイヤルオーク復刻モデル

1972年に販売されたロイヤルオークを現代版として復刻させたモデルです。
シンプルながらエレガントさを感じるデザインは、まさにオーデマ・ピゲの真骨頂と言えるでしょう。

・ジュール オーデマ オートマティック・エクストラ シン

創業者の名前を冠した1本で、超薄型の盤面と丸型デザインが特徴的な腕時計です。
細身の男性にはぴったりのデザインとなっています。

オーデマ・ピゲは男らしさと繊細さが絶妙にマッチしているところが魅力的なブランドです。

パッと見てカッコよさが感じられ、さらに高級感もただよっているところがおすすめのポイントとなっています。

200万円ほどが相場となりますが、アラフォーのメンズなら1本は持っておきたいアイテムのひとつですね。

アラフォーメンズにおすすめの腕時計【第3位】タグホイヤー

男の人が好む高級腕時計のひとつと言えば、やっぱりこのタグホイヤーは外せません。

フェラーリの公式ブランド時計にもなっていて、その性能の高さは世界でもトップクラスです。

ラグジュアリーかつスポーティーという二面性を持った腕時計の数々は、世界中のセレブが愛用する逸品揃いとなっています。

・カレラ1887クロノグラフ 

レーシングカーをイメージして作られた1本で、躍動感のあるデザインが魅力的です。
価格は60万円弱とミドルクラスといったところで、比較的購入しやすいところも人気の理由と言えるでしょう。

・モナコクロノグラフ

ブルーの文字盤がとにかく印象的で、角ばった盤面が男らしさを強調しています。
映画「栄光のル・マン」でスティーブ・マックイーンが装着していたモデルの復刻版として販売されています。

タグホイヤーの魅力は知名度がものすごく高い割に、そこまでひとつひとつのアイテムが高額ではないところです。

そのため、「ちょっと高級な腕時計を買ってみようかな」といった感じで選ぶにもおすすめのブランドと言えます。

アラフォーメンズにおすすめの腕時計【第2位】オメガ

人類が初めて月面に着陸したときのミッションウォッチとして採用されたのが、オメガのスピードマスターです。

また、かつて太平洋の海底探査の際にも使われたシーマスターを含め、まさに人類の進歩と共に進化してきたブランドと言えます。

一目見れば「オメガ」と分かるそのブランド力は、やはりアラフォーの時計選びに欠かせない存在です。

・スピードマスター

1957年の誕生から基本的なコンセプトを変えずに販売されている、オメガのフラッグシップ的なモデルがこちらのスピードマスターです。
知名度の割にはおよそ40万円程度と、そのコスパは最強レベルと言えるでしょう。

・シーマスター

控えめなデザインで冠婚葬祭などにも着けていきやすいのがこちらのシーマスターです。
ビジネスシーンでのさりげないオシャレにも使えます。

高級な腕時計ブランドのイメージが強いオメガですが、その価格帯はだいたい40万円から90万円といったところです。

実は買い求めやすいブランドでもありますので、ぜひ参考までに実際の商品をご覧になってみてください。

アラフォーメンズにおすすめの腕時計【第1位】ロレックス

腕時計といえばロレックス」というくらい世界的にも有名ですが、それだけ人気があるのにはやっぱり理由があります。

というのも、腕時計の進化の歴史はロレックスが作り出しているといっても過言ではなく、日付機能「デイトジャスト」の開発完全防水ウォッチなどロレックスは常に時代の最先端を走ってきました。

そんなロレックスだからこその価値があり、ロレックスの時計は資産にもなるといわれるほどです。

ロレックスの時計を1本持っているだけでも、その人の品格がグッと上がるとされていますので、ぜひとも候補のひとつに入れてみてください。

・コスモグラフデイトナ

価格はおよそ130万円、スポーツタイプのロレックス時計としては代表的な1本となっています。
洗練されたデザインとクロノグラフはまさに芸術品といったところでしょうか。

・サブマリーナ

防水加工の腕時計の先駆者とも言えるのが、こちらロレックスのサブマリーナです。
価格は90万円ほどで、ビジネスシーンにもプライベートシーンにも使えるカジュアルさが特徴的となっています。

・エクスプローラー1

ロレックスの原点ともいえるのがこちらのエクスプローラーシリーズです。
1953年に誕生してからマイナーチェンジを繰り返し、最近では2016年に最新モデルが開発されました。
価格が70万円弱と、そこまで無理せずに買える価格というのもおすすめのポイントです。

ロレックスは値崩れしない資産として扱われるほど、その価値が高い腕時計です。

ビジネス・プライベートの両方で使えますので、奮発して購入してみるにはもってこいのブランドと言えるでしょう。

総括

アラフォーともなると、自分が周りからどう見られるかを気にし始めなければならない年代といえます。

そんなときに腕時計というのは自分を表現するのに相応しいアイテムのひとつです。

ご紹介した「腕時計選びのポイント」を参考にしていただき、ぜひおすすめのブランドの中から自分なりの1本を選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください