米麹を使った甘酒の作り方。炊飯器で簡単に作れる方法を紹介しますよ

こんにちわ。ハチです。

寒い季節にあったかい甘酒、おいしいですよね。
子どもたちと雪遊びしていたら、ふいに甘酒が飲みたくなりました。

調べてみてはじめて分かったのですが、
甘酒は栄養がとても豊富で飲む点滴ともいわれているらしく、
肌をキレイにする効果まで期待できるみたい。

でも、気付いちゃいました。

オレ、インスタントラーメンしか作ったことない・・・

だけど、そこは男を見せるしかないでしょ!ってことで、
・・・妻にナイショで、こっそりネットで作り方を調べました(笑)

しかも、簡単に炊飯器でできるヤツを。

せっかくなので、同志のためにシェアします。

スポンサーリンク


時間がないときに役立つ目次

甘酒を自宅で簡単に作るには?

寒いときに飲みたい甘酒

甘酒の甘さって、なんか優しい感じで、ホッとしますよね。
アレ、砂糖じゃなくて麹が発酵してできる甘さなんですね・・・。

コンビニとかに売っている市販の甘酒も、モチロンおいしいですよ。

でも、なんで突然、ボクが思い立ったのかというと、

「作り方が簡単で、出来立てが美味しい」

と友人に聞いたからです。ハイ。

というわけで、ボクが調べた早速自宅で簡単に出来る
炊飯器を使った甘酒の作り方を紹介しますね。

① 材料

 米(1合)、麹(400~500グラム)、塩(少々)

② 用意するもの

 炊飯器、温度計、計量カップ、盆ざるまたはふきん

③ 作り方

 1.おかゆを炊く

  といだお米を炊飯器に入れ、おかゆコースでおかゆを炊く。
  ※ 水の分量もおかゆにあわせること

 2.麹をほぐしておく

  麹は容器にあけて手でほぐしておく。

 3.おかゆをさます

  おかゆが炊けたら、炊飯器から内釜を出して、水を約2カップ加えて
  温度を60℃くらいに冷ます。

 4.おかゆと麹をまぜる

  おかゆが60℃くらいに冷めたら、ほぐしておいた麹とまぜあわせる。

 5.再び炊飯器にセット

  4でまぜたおかゆと麹を再び炊飯器にセットし、保温スイッチを入れる。
  炊飯器のふたは開けたままにし、代わりに盆ざるや「ふきん」をかけて
  乾燥を防ぐ。
  
  ※ 炊飯スイッチではなく、「保温スイッチ」なので注意

 6.発酵するまで待つ

  5の状態でたまに(1~2時間おき)かき混ぜながら、5時間くらい
  発酵させる。

 7.出来上がり

  甘い香りがして、粒が柔らかくなったら塩を少々加えてまぜ、完成。
  ※ 仕上げに炊飯スイッチを入れ約90℃まで加熱すると保存性が上がる。

 8.飲み方

  完成した甘酒は、お湯を加えて温め、お好みの濃さにして飲む。

ね、簡単でしょ??
これでボクも男を見せることができました(笑)

しかも、友人の言葉どおり、
出来立ての味はコンビニで買うのとワケが違いました(^^)

ただ、その後も調べていると、魔法瓶を使ったレシピもありました。
しかも、こちらはさらにお手軽・・・。

作り方はというと、

上記の5~7の工程を、炊飯器の代わりに魔法瓶に入れて行い、発酵させる

というものです。

ここでのコツは、魔法瓶といえど、ちょっとずつ温度が下がるので、
4の工程で温度を少々高めの65℃くらいにしておくことです。

ただし、70℃を超えると発酵が進まなくなるようなので注意が必要です。

そしてあとは、たまに温度チェックしながら、8時間くらい発酵するのを
待って出来上がり
です。

炊飯器よりさらにお手軽じゃないですか?
できることなら、最初からコッチの方法が知りたかったです(笑)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これから年が明けたら、冬も本番を迎え、
子どもと雪遊びをしたり、スキーやスノーボードをしたり、
なにかと、外にいる時間が増えていきます。

そんなとき、自宅で簡単に甘酒を作る方法を知っていると、
重宝するのではないでしょうか。

もし、よかったら参考にしてみてくださいね。

コメントを残す