桜と梅の違いは?見分け方は簡単!3つのポイントをおさえるだけ!?

梅と見分け方がむずかしい桜

「この木は桜かなあ」と思ったら、実は「梅」だった。

そんな経験ありませんか?

花が咲いていない時だとその違いについてよく分からなかったりしますが、ボク自身、母親から指摘されて恥ずかしい思いをした覚えがあります。

桜も梅も古代から人の心を惹きつけてやまない、日本を代表する花木です。

そんな桜と梅をしっかり見分けられるようになりたい。もしあなたもそう思うなら、ぜひ次の3つのポイントを参考にしてみてくださいね。

花の付き方・花びらの形・幹の様子の3つが見分けるポイント

実は、桜と梅は3つのポイントをおさえるだけで簡単に見分けることができるんです。

結論から言ってしまうと、そのポイントは次の3つです。

桜と梅を見分ける3つのポイント
  1. 花の付き方
  2. 花びらの形
  3. 幹の様子

この3つのポイントを抑えておけばもう春の景色に惑わされることはありません(笑)

それでは、それぞれについて桜と梅を比較しながら見てみましょう。

桜の見分け方

長い花柄が特徴の桜

花の付き方

桜は、花柄(かへい)とよばれる、枝から分かれた小さな茎がとても長いことが特徴です。上の画像でいうと、花と枝を結ぶ緑色の部分です。

また、長く伸びた花柄の先に、白やピンク色の花がいくつか固まって咲いており、花束のように見えることも特徴ですね。

花びらの形

桜の花びらは先が割れていることが特徴です。花は白色かピンク色のものが多く、とても存在感があるので、華やかな印象を受けます。

幹の様子

桜の幹はツルツルとしていて艶があること、横向きの線がシュッシュッと入っていることが特徴です。さらに、幹は上に向かって伸びますが、枝は横にも張り出します。

千年桜といわれる桜のなかには、空を覆わんばかりに大きくなっているものがあるそうです。

梅の見分け方

花柄がなく枝にくっついて咲くことが特徴の梅

花の付き方

桜と異なり花柄(かへい)がないため、枝の付け根にくっつくように咲くことが梅の特徴です。花が枝からそのまま出ているような感じですね。

また、桜の花が固まって咲くのに対し梅は花になる芽が1つの節に1つしかありません。

そのポコポコと赤や白の花が枝にくっついている感じは、”たわわ”な印象というよりは、スカスカした、なにか物足りないような印象を受けます。

花びらの形

梅の花びらは丸く、華やかというよりは、どことなく可愛らしい印象をあたえます。

また、花の大きさは大体1cm〜3cmで、雄しべと雌しべが目立って見えることも特徴です。

幹の様子

梅の幹は、花がついている、比較的あたらしい枝はツルツルしていますが、全体的にゴツゴツ・ザラザラとした質感と不揃いな割れ目が特徴です。

また、幹は横に広がるように伸びますが、春の新しい枝は上に向かって伸びるようです。

白梅と紅梅で異なる花言葉がある

約1300年前の奈良時代は、お花見というと梅の花を愛でることだったそうです。

それほど昔から日本で愛されている梅ですが、花を愛でるときに花言葉を知っているとさらに楽しむことができると思いますので、豆知識としてご紹介しておきたいと思います。

梅には『不屈の精神』と『高潔』という花言葉がありますが、「白梅」と「紅梅」でそれぞれ異なる花言葉もあります。

梅の花言葉
『白梅』・・・「気品」
『紅梅』・・・「優美」

ちなみに、桃色の梅にも『清らかさ』という花言葉があります。

次の記事で桜の花言葉についてもご紹介していますので、お花見の際には併せて参考にしてみてくださいね。

それ自体と品種ごとに花言葉をもつサクラ桜は種類によって花言葉が違う?有名な品種の花言葉を知りたいあなたに

まとめ:桜と梅をしっかり見分けて春の花を満喫しましょう

今回ご紹介してきたように、むずかしそうに感じる桜と梅の見分け方もポイントをおさえるだけで簡単に見分けることができます。

今回の記事のまとめ
  • 『桜』・・・長く伸びた花柄が集まり花束のように見える
  • 『梅』・・・花が1つずつ枝にくっつくように咲いている

さらに、上記以外にも梅は2月から3月、桜の多くは3月から4月中に花が咲きますので、花の咲く時期からも梅と桜を見分けることができますよ。

ぜひ、あなたも今回の記事を参考にして春の花を満喫してみてくださいね。

2 COMMENTS

cynar

こんにちは、はじめまして。
この春、庭で「桜が咲いた!」と思っていたのに
今朝見たらその木に「梅の実」らしきものがなっていたのでびっくりして
検索したところこちらに行き当たりました。
なるほど、見分け方があるのか・・・とためになりましたが
ウチの木の幹はどう見ても桜のそれに見えてなりません・・・
でも梅の実がなった(これがさくらんぼじゃなければ^^;)となれば
やはりこれは梅の木だったのでしょう・・・う~ん、謎(@@)

返信する
hachi

cynarさん

こんにちわ、はじめまして。
コメントありがとうございます。

今日、お花屋さんの友人に聞いてみたりもしましたが、
cynarさんのような例は、なかなか珍しいようで
みんな、そのようなことは聞いたことがないと言っていました。

やっぱり、梅の実がなったということは、
梅の木だったのでしょうか。

気になりますね・・・。

ボクも、もう少し調べてみようと思います。
よかったら、もし答えが分かったときは教えてくださいね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください