ネクタイのクリーニング 最適な頻度は?長持ちさせるなら自宅で洗濯はNG!?

こんにちわ。ハチです。

サラリーマンには欠かせないネクタイですが、いまいち
クリーニングのタイミングが、スーツやシャツに比べると
分かりづらくないですか??

しかも、クリーニングって意外とイイお値段がするので
ボクは、ついつい後回しにしてしまいがちです。

想像するとなんとなく分かると思うのですが、
ネクタイは衣服の中でデスクやテーブルに一番近い位置にあるため
気が付かないだけで、想像以上に汚れているそうですよ・・・(-_-;)

ということで、ネクタイのクリーニングの最適な頻度や
そもそもネクタイを自宅で洗うことができるのかなどなど
気になったことを調べてみたので、シェアしますね。

スポンサーリンク


気になるクリーニングの価格や最適な頻度は?

クリーニングしたばかりのネクタイを締める男性

平均的なクリーニングの価格

大体の人が身に付けるシルクのネクタイを
クリーニングに出した場合の料金がいくらかというと

店舗によってバラつきがあったのですが
平均すると300~600円といったところでした。

ただ、上記の金額はあくまでも一般的なコースで
クリーニングした場合の料金。

同じお店でも仕上がりのクラスによって、モチロン料金が変わります。

高いクラスは仕上がりもバッチリなのでしょうが
何回もクリーニングに出すと考えるとちょっと厳しいですよね・・・。

最適なクリーニングの頻度

あなたはどのくらいの頻度でネクタイを
クリーニングに出していますか??

調べてみると、大体次の4つのパターンに分かれました。

・1か月に1回
・半年に1回
・シーズンごとに洗う
・ネクタイは洗わず汚くなったら捨てる

ちなみに「洗わずに汚くなったら捨てる」という人が
思ったより多かったことが、ボクにはとても意外でした。

ネクタイはきちんとお手入れしないと痛みが激しくなると
分かってはいるのですが、クリーニング自体がネクタイにとっては
ダメージになってしまいそうで、判断に困ってしまいます。

そこで、ネクタイを痛めないことも考慮したうえで、
ネクタイをどのタイミングでクリーニングに出すといいのか
調べて検討した結果、最適な頻度は次のようになりました。

定期的にクリーニングに出すというよりは、汚れやシミが
ついてしまったときに速やかにクリーニングに出す

ただ、あなたは思っていますよね?

汚れに気付かないから困っているんだよ!!・・・と。

ただでさえ朝は忙しくて余裕がないし、夜は疲れて余裕がないし、
ネクタイを隅々まで見るヒマなんてそもそもないですよね。

だからこそ、ボクはその機会を歯磨きと同じように
日常の習慣として、生活の一部に取り入れることにしました。

ネクタイの保管方法として推奨されるのは

ネクタイを使い終わったら結んだ時にできたシワを伸ばすように
丸めておき、シワが伸びたらハンガーなどにつるして、風通しのよい場所にかけておくようにする

という方法のようなのですが、このネクタイを保管するときに

シワを伸ばすのと一緒に、汚れやシミがないかチェックする

ようにするのです。

そこで汚れていたらクリーニングに出すようにすると
ネクタイのチェック漏れが減ると思いますが・・・どうでしょう?

スポンサーリンク

シルクのネクタイって自宅で洗えるの?

シルクのネクタイならチェックが必要な洗濯表示
ネクタイを自宅で洗濯できたら便利だし経済的だなぁと思ったので
シルクのネクタイが自宅で洗濯できるか調べてみました。

まずは、洗濯の前にネクタイについている、洗濯表示を確認してみてください。

「洗濯可」と書いてあればモチロン自宅で洗濯できるワケですが、
その表示があるものは、ほとんどの場合ポリエステル素材じゃないですか?

基本的にシルク素材のものはデリケートですし
型くずれなどによってダメにしてしまう可能性が高いので
自宅で洗濯することは避けた方がいいみたいです。

場合によっては「洗濯可」という表示があるネクタイでも
洗濯機で洗ってしまうと、想像以上にひどく型くずれしてしまって
元の形状に戻らないといったこともあるんだとか・・・。

そのため、「洗濯可」のネクタイを自宅で洗濯する場合でも
オシャレ着洗い用として販売されている洗剤を使用するようにして、
洗濯用ネットに入れてやさしく手洗いすることが基本
のようです。

そんな話を聞いてしまうと、失敗しても惜しくないネクタイ以外は
クリーニングに出したほうが良さそうです。

もし、どうしても自宅で洗濯したいという場合には
最近なら自宅で洗えるネクタイが比較的安く購入できるので
そちらで一度試してみることをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事を書いてから、ネクタイの汚れチェックを
帰宅後の習慣にしてみました。

ネクタイが意外と汚れていることに気付き、
すでに3本ほどクリーニングに出してしまいましたが・・・(泣)

また、自宅で洗濯できることをウリにしているネクタイを
1000円で購入して試しています。

今のところ、まだ洗濯は1回だけですが
やさしく手洗いしたのが良かったのか、型崩れはしていません。

毎日するネクタイだからこそ、できることなら
上手に掛かる費用を節約したいものですね。

あなたも、もしよかったら参考にしてみてください。

コメントを残す