双子の名前で男女なら何がいい?古風な名前を人気ランキングから考えてみた

こんにちわ。ハチです。

古風な名前、男の子のカッコイイ名前女の子の品がある名前ときたら次は双子しかないでしょ?ということで考えてみました。

しかも、できれば一番難しそうということで「男女の双子」です。

ボクが自分の子供たちの名前を付けるときに実際にどうやって付けたのかというと、ボクと妻それぞれ好きな漢字を一文字ずつ選んで組み合わせるという方法でした。

最後は上下入れ替えたり、読みをいろいろ変えてみたりして、複数考えたものを、実際に紙に書いてみてフィーリングで決めました。

そのときにボクと妻が同じように一番大切にしたことはいつの時代も変わらずにイイと思える名前にすること。

だからこそ、ボクは古風な名前が大好きなんです(^^)

それでは、次から具体的に紹介していきますね。

スポンサーリンク


男女の双子の場合にはどんな古風な名前があるの?

男女の双子の赤ちゃん

子どもの名前を付けることって本当に迷いますよね。
一人でいろいろ考えていると、迷ってなかなか決まらない。

・・・いや、そりゃそうですよね。

だって、パパとママにとってはじめてのプレゼントですからね。

男女の双子の名前って本当に迷いますね。
双子ということが感じられるようなものにしたいし・・・。
かといって、ダサい名前にはしたくないし・・・。

子供が1人のときに名前を考えるのも大変なのにハードルが高すぎです(笑)

でも、だからこそ考えていて楽しいんですけどね(^^)

双子の男女の場合、みんなはどうやって名前を付けているの?

双子の名前というと『一字違い』『響きが似ている』など、パッと見ただけで双子と分かる名前を付ける方が多いようです。

しかし、最近は双子であっても、それぞれ別の人格なのだからそれぞれの個性を尊重しましょうということで、普通の兄弟姉妹のように名付けすることを推奨する産院もあるとか・・・。

とりわけ、男女の双子だと通常は二卵性双生児なので、双子というよりも、あえて兄妹または姉弟に近い感覚で命名するというパパやママが多いようです。

もし、普通の兄弟姉妹のように名前を付けるときには、以前に書いた記事が参考になると思います。

そのため、今回は名前を見ただけで双子と分かるような名前について、人気ランキングを参考にいくつか例をあげていきたいと思います。

同じ漢字を使用する例

考えるときには「漢字そのもの」か「漢字の読み」かどちらかを古風なものにするとイイと思います。

また、同じ漢字を使うにしても、たとえば「来」と「來」のように、旧字の方がかえって今っぽい印象を受けるものがありますので気になる字があった場合には、併せて旧字も確認してみることをオススメします。

奏太(そうた)/ 奏(かな・かんな)
   
 奏という字、イイですよね。「かんな」という読みは最近人気のもの。

楓大(そうた)/ 初楓(いちか)

 「そうた」も「いちか」も人気ランキング上位です。「初楓」と書くと 一見、古風な感じがしますが、読みを工夫することで、グッと今っぽい イメージに変わりますね。

利來(りく)/ 彩來(さら)

 「りく」も「さら」も人気ランキング上位。こちらはあえて旧字を使うことで逆に今っぽい感じがしますね。

朝陽(あさひ)/ 心陽(こはる)

 優しい気持ちをもった子供に育ちそうですね。「こはる」という読みがとてもかわいくて好きです。

悠人(ひろと・ゆうと)/ 悠奈(ゆな)
 
 「悠」という字はココロの広いゆったりとした子供に育つイメージです。古風ではないですが、女の子だと「心悠(みゆ)」もイイですね。

意味に関連がある例

こちらも「同じ漢字をしようする例」と同じように「漢字そのもの」か「漢字の読み」かどちらかを古風なものにするとイイと思います。

そのうえで、自分の子供たちが2人でいるところをイメージして、どのように育って欲しいかイメージしながら考えてみるとイイでしょう。

大和(やまと)/ 弥生(やよい)

 ともに歴史を感じさせる響き。普遍的な名前の定番と言えますね。

真(まこと)/ 心(こころ)

 真心の熟語を一文字ずつ使用してみました。もし、あなたに好きな二字熟語があれば、ぜひ考えてみてください。

大雅(たいが)/ 琴晴(ことは)

 平安時代の宮廷のイメージから字を一文字ずつ使用してみました。「ことは」という響きがとても気に入っています。

晴空(はると)/ 向日葵(ひまり・あかり)

 「晴れた青空」と「元気よく咲くヒマワリ」のイメージです。女の子の方は晴奈(はな)も良さそうですね。

柊馬(とうま)/ 椛(いろは・もみじ)

 冬を連想させる柊(ひいらぎ)と秋を連想させる椛(もみじ)を名前に使ってみました。「もみじ」がカワイイです。

 兄弟姉妹が増えた場合には、春馬(はるま)や夕夏(ゆうな)などの名前を付けることもできますね。

 4人以上は・・・?というのはチョット言わない約束で(笑)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか??

古風な名前を中心にいくつか例をあげてみましたが
本当にいろいろなパターンがあって迷ってしまいますね・・・。

パパとママからはじめての、そして一生使われていくプレゼント。
迷いながらも素敵な名前を見つけてくださいね。

コメントを残す