還暦祝いのメッセージで上司の女性に失礼にならない喜ばれる一言とは?

こんにちわ。ハチです。

60歳を迎え、干支が一周したことを祝う還暦。

通常、還暦というと家庭で祝うことが多いので
会社の上司に還暦祝いのメッセージを考えようとしても
なかなか良い言葉を探すのが難しいですよね。

まして、女性の上司が還暦を迎えた場合には
男性の上司の場合よりも、お祝いする側が気遣いしてしまって
なかなかメッセージが決まらないという場合が多々あります。

ボクも数年前、女性の上司が還暦を迎えるということで
「このたびは還暦、本当におめでとうございます」
と、お祝いのメッセージを伝えたところ、

歳が増えただけでなんも嬉しくないわよ!!

と、キッと睨まれてしまった経験があります・・・。

まぁ、それは極端な例かもしれませんが、
もうちょっと、気の利いた一言が言えてたらなぁ・・・と
苦い教訓として今でも反省しています。

そんなワケで、このたび別の上司の還暦を祝う機会があり
同じ過ちを繰り返さないためにも、調べてみたのでシェアしますね。

スポンサーリンク


還暦祝いのメッセージの定番というと?

女性の上司への還暦祝いのメッセージが考えつかず悩む男性
気の利いたメッセージを考えるなら、まずは定番を知らないとということで
定番のメッセージがどんなものか見てみましょう。

● 謹んで還暦のお祝いを申し上げます。益々のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。

ちょっと硬いですね・・・。
同じような内容で少し柔らかく表現してみます。

● 還暦おめでとうございます。いつまでもご健康でお過ごしくださいますよう、お祈りいたします。

● 還暦おめでとうございます。これからもお体に気を付けて、ますますお元気でお過ごしください。

女性の上司に贈るメッセージの場合には、「還暦」という部分を
「お誕生日」と言い換えるというコトが効果的です。

「お誕生日」という表現であっても、わざわざ会社がお祝いしてくれている
ということで、「還暦のお祝い」の意味が込められていることくらいのこと
は、相手にしっかり伝わるハズです。

次に、退職のお祝いを兼ねる場合を見てみましょう。

● 還暦&定年おめでとうございます。長い間大変お疲れ様でした。○○さんのように仕事も家庭も両立できる素敵な大人になることが私の目標です。

● お誕生日おめでとうございます。長い間大変お世話になりありがとうございました。これからもますます輝く○○さんでいてくださいね。

仕事(会社)でお世話になった上司だからこそ
仕事のことに触れたうえで、こちらの気持ちを伝えると素敵ですね。

スポンサーリンク

気の利いた喜ばれるメッセージにするには?

還暦祝いに贈る花束

ただ単純に定番で終わらせるだけだとちょっと味気ないので
気の利いたメッセージにするために、一工夫してみました。

● このたびお誕生日を迎えられましたこと、まことにおめでとうございます。いつもお若くお元気な○○さん、今後もさらに飛躍されることお祈りしています。
 
● お誕生日おめでとうございます。還暦という言葉も似合わないほどいつもお若い○○さん。今後さらなる飛躍をされること皆でお祈りしております!

近頃の60歳になる方たちを見ていると、一昔前までの
イメージと違って本当に若いと感じる方ばかりですよね。

まして、会社で上司としてバリバリ仕事されていた方であれば
なおさらのことと思います。

そこで、前述のとおり「還暦」を「誕生日」と言い回しを換えたうえで
さらに、「若いイメージ」と「今後もさらに活躍するイメージ」という
2つを加えてみました。

もし、あなたの上司が「若い」ことを具体的に表す趣味などがあれば
そういったことを一言加えると、さらに良くなると思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

女性の上司で還暦を迎えられた方はほとんどが
仕事や家事、子育てを終えて、今後は自分の人生を楽しみながら
まだまだ元気でご活躍される方だと思います。

そのため、あまり還暦ということを意識しすぎず
ちょっと特別なお誕生日祝いといった感じで、さりげなく、
でも少しだけ盛大にお祝いしてあげるのがオススメです。

もしよかったら、参考にしてみてくださいね。

コメントを残す