バレンタインで本命への渡し方!中学生や職場の同僚にさりげなく渡すには?

こんにちわ。ハチです。

バレンタイン当日、本命チョコを渡すのはとてもドキドキですよね。
もちろん渡す方だけじゃなく、もらう方も同じようにドキドキします(笑)

そんな1年に1度のチャンスだからこそ、どうやって渡そうかと
渡し方に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

先日、職場の同僚たちと、もうすぐバレンタインだな〜なんて
話をしているときに、中学校時代の甘酸っぱい思い出ハナシになりました。

で、その流れでボクの同僚が職場でチョコをもらったなんてハナシも・・・。

ボクは、恥ずかしながらチョコもらったことないんですよね・・・(泣)
しかも、今は結婚して子どもが2人もいる身なので、今後も見込なし。

なので、同僚のハナシを聞いたあと

本命チョコってみんなどこで渡すの!?

ということが、すごく気になりました。

そんなワケで、今回は中学校や職場で
本命チョコがどのようにさりげなく渡されているのか
いろいろと調べてみたので、シェアしますね。


バレンタインの本命チョコのさりげない渡し方

バレンタインのプレゼント売り場で見つけたサボテン

中学校の場合

まずは、中学校の場合ですが、渡し方は

1 学校で渡す
2 家まで渡しに行く
3 登下校中に渡すか

という3パターンに分かれました。

そして、あまり相手に気を使わせたくないという
『さりげなく渡したい派』の女性たちに多かった意見は
「登下校中」という意見でした。

さらに、『さりげなく渡したい派』の女性たちは
相手が受け取りやすいようにとカバンの中に納まる
小さめのモノをプレゼントに選んでいる
ようでした。

学生に「バレンタインのチョコをいつ渡すのか?」と聞くと
多くの学生は「下校中」と答えるそう。

なので、登校中に思い切って渡すことで
すでに、ほかの学生とは差がついているのですね。

さらに、バレンタインで本命の人と結ばれた
という人に多かったとボクが感じたポイントは

渡すときには「一番に渡したかったから」など
本命の人がグッとくる言葉を一緒に贈った

ということ。

たしかにそんなシチュエーションなら
チョコをくれた女の子のことが気になっちゃいますよね(^^)

職場の同僚に渡す場合

次に、社会人の場合はどうでしょう。

さりげなく本命チョコを渡す方法として、学生と同じように
出社前や退社時を狙って渡すこともできないことはないでしょうが、
会社によっては出社時間や退社時間が必ずしも同じとは限りません。

なかなか時間を合わせられないというコトも多いはずです。

そこで、どうしているのか調べていてコレはと思ったのが

当日会社の男性社員全員に義理チョコを配るついでに
さりげなく本命チョコを渡す

という方法です。

さらにその時には、チョコを渡す際にメッセージカードを添えて
「義理ではなくて本命です」というコトを伝えるとのこと。

これだと、たしかに相手はドキっとしますよね。

また、バレンタインまでに親しくなっている間柄のときには
思い切って食事に誘ってみるという意見も多かったです。

これは学生のときと違う、社会人なりのバレンタインの過ごし方ですね。

ちなみにですが、相手が上司のときには
「先日のお礼に」とか「仕事の事で相談がある」ということを
口実に食事に誘ってみる
という意見が結構多かったです。

たしかに自然かもしれませんね。
鈍いボクだと気が付かないほど、ホントに自然です・・・。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どんな方法であれ、チョコを貰って嬉しくない
という男性はあんまりいないと思います。

少なくとも、ボクはそうです(笑)

ただ、もしかすると甘いものが苦手かもしれないので
その辺は前もってリサーチしておくことも忘れないでくださいね。

コメントを残す