登山用リュック 初心者が日帰り登山に行くならオススメのサイズ(容量)は?

あたたかい日差しをうけて、今年こそは登山をしてみたい!なんて、あなたもお考えなのではないでしょうか?

登山といえば、まず必要となってくるのが「登山用リュック」ですよね。

最近はアウトドアブランドからおしゃれなデザインのものがたくさん出ていて、街中でもファッションのひとつとして使用している方も多くいらっしゃいますよね。

しかし、登山用リュックは、デザインはもちろん、機能的にも充実したものがたくさんあるため、いざ購入するとなると、迷ってしまってなかなか決められない?!なんてことも・・・。

そこで今回は初心者が日帰り登山をするときに登山用リュック選びに欠かせないポイントについて、いくつかご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク


登山リュック選ぶポイントはカラダにフィットするものを選ぶこと

登山用リュックを背負って入山する人々
登山用リュックを選ぶときに、最も大切なのが「自分の体にフィットするものを選ぶ」ということ。人それぞれ背中の骨格や、幅、長さが違っていますので、できるだけご自分の体に合うものを選ぶことが大切になってきます。

カラダに合わないリュックにそれなりの重量の荷物を入れて背負い、何時間も歩き続けると、必要以上の疲労をしてしまいます。安全な登山には必要以上の疲労は大敵ですので、ここは慎重に選びましょう。

同じ大きさや、同じブランドのものでも、モデルによって少しずつ形が違っていますし、ブランドが違えばそれはなおさら。ですので、購入の際には必ず実際に背負ってみて、できれば、売り場に置いてある“おもり”を入れて、実際に背負ってみると良いでしょう。

そこで、気になる購入場所はというと、ブランドのショップより、いろいろなブランドが揃うアウトドア専門店がオススメ。専門店には、リュック担当のスタッフがいることも多いので、用途(どんな山に、どんな予定で行くか)を伝え、気になる商品、またはオススメされた商品を実際に背負ってみて、フィット感などを確認してもらうと安心ですね。

スポンサーリンク

登山リュックのサイズ(容量)と用途など

実際にリュックの売り場に行くと、本当に色々な大きさ、いろいろな機能、いろいろなブランド、いろいろな色・・・などなど、たくさんの商品が陳列されていて圧倒されてしまい、何を買えばよいのかなかなか決められないなんてことも多いですよね。

ということで、サイズ(容量)と用途について、少々まとめてみたいと思います。

登山用リュックのサイズ(容量)と用途

  • 20リットル前後:日帰りで比較的荷物の少ない登山におすすめ。
  • 25〜30リットル:日帰りでも少し荷物が増える場合におすすめ。防寒着や頂上でお湯を沸かすためのストーブや水などを持っていきたい場合などは、日帰りでもこれくらいの大きさがよいですね。
  • 35〜40リットル:山小屋で一泊する場合におすすめのサイズ。
  • 45〜50リットル:テントで一泊する場合におすすめのサイズ。
  • 60リットル以上:縦走する場合におすすめのサイズ。

上記のまとめから考えると、初心者が日帰りで登山される場合と考えてみると、30リットルくらいまでの登山用リュックを用意するとよいのではないでしょうか。

ちなみに、50〜60リットル以上のリュックは、長期の旅行にもオススメです。

初心者日帰り登山用オススメ(サイズとメーカー)

では、次に初心者の方の日帰り登山にオススメのものを見ていきたいと思います。

サイズについては、先にも少々書きましたが、日帰りであれば30リットルくらいまでのもので充分ですね。では、どのブランドのものがよいのかということになるのですが、繰り返し言いますが、なんといっても一番大切なのは自分の体にフィットするということ。

実際に背負ってみると、肩のベルトが当たって痛い個所があったり、腰骨にこすれる箇所があったり・・・、なにかしら気が付くところがあるかと思います。

長時間の登山では、そのちょっとの違和感が積み重なり、痛みが蓄積されてつらくなったり、こすれて擦り傷になり出血したりする場合もありますので、自分で気になるところが、できるだけ少ないと思うものを選ばれるとよいと思います。

それでは、いくつか登山用リュックのブランドをご紹介していきましょう。

登山用リュックのブランド

  • モンベル
  • 言わずと知れた日本のアウトドアブランド。日本人にあった商品の開発で有名ですし、機能が充実している割にはお値段が良心的ですので、人気のブランドです。

  • グレゴリー
  • 機能的には本当に申し分のないグレゴリー。ほかのブランドに比べて少々値段が高めではあるのですが、体へのフィット感や長く使用することを考慮すると、選択されるのもアリな一品です。

  • ミレー
  • フランスのアウトドアブランド。日本でも一時期大人気となりましたが、登山用リュックの安定感には絶対的な信頼をおくファンも多いですね。

その他にも、オスプレー、ドイター、マムートなどのブランドも人気がある定番のブランドです。ぜひ、いろいろとためしてみて、ご自分の体にフィットするお気に入りが見つかるとよいですね。

まとめ:安全な登山のため自分のカラダに合うリュックを選びましょう

今回は初心者が日帰り登山に行く場合にオススメの登山用リュックを紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?ひとくちに登山用リュックといっても、いろいろなブランドや用途に応じた容量などその選択の幅はとても広いですよね。

少々極端かもしれませんが、登山では一度山に入ってしまうと頼りになるのは自分だけです。(「それくらいの覚悟で」という意味ですよ。いざとなったら知らない登山客でもみなさん協力してくれますのでご安心を。)

ですので、疲労やケガなどはできるだけ避けるべく、安全な登山が行えるように、ご自分にあったリュック選びの手助けになれば幸いです。

ぜひお気に入りのリュックと一緒に、これからの季節、登山に出かけてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク




コメントを残す