車のタイヤ交換の費用 ガソリンスタンドに持ち込みで工賃などはいくら?

連日の厳しい寒さが少し緩んで日差しも柔らかくなり、春が近づいてきたなぁなんて、実感する日が多くなってきましたね。

そんな春の季節、雪が降る地方で車をお持ちの方にとって欠かせないことのひとつが「タイヤ交換」ですよね。

タイヤ交換を自分でするという方もいますが、時間がない方や女性の方などの場合には、ガソリンスタンドにタイヤを持ち込んで交換してもらうということも多いと思います。

そこで今回は、ガソリンスタンドでタイヤを交換する場合の工賃などの費用や、その他、タイヤ交換のアレコレについて、まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク


どこでタイヤを交換してもかかる費用は大体同じ

タイヤ交換を行ったあと廃棄されたタイヤ
まずはタイヤ交換をどこで行うのが良いかということになりますが、ディーラーやタイヤ専門店、カー用品の専門店やガソリンスタンドなどで行うのが一般的でしょうか。

どこで交換を行っても大体の価格は同じみたいですので、自宅から行きやすい場所や、行きつけのガソリンスタンドなどがある場合には、そちらを利用されるのも便利ですね。

また、タイヤ交換のときにその他の点検なども含めて、車を購入したディーラーに依頼される方も多いのだとか。

タイヤ交換と一緒に、季節ごとに点検・チェックをしておくと、さらに安心ですので、車にあまり詳しくない場合などには良いかもしれません。

いずれの場所で交換を行う場合でも、タイヤ交換の時期になると込み合うことが予想されます。いざというときに間に合わないなんて言うことのないように、早めに電話連絡をして予約を入れておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

ガソリンスタンドでタイヤ交換をする場合の工賃は2000〜3000円

では、ガソリンスタンドでタイヤ交換を行う場合、その工賃は大体いくらが目安となるのでしょうか。

そのお店や地方により価格に若干の開きはあるようですが、1本500〜800円が目安となるそうです。普通は4本すべてを交換しますから、2000〜3000円くらいかかることになりますね。

さらに、季節ごとのタイヤ交換では、タイヤの空気圧が減っていることがほとんどだと思いますが、スタンドでタイヤを交換する場合は、このエアチェックは無料で行われることが多いようです。

ただ、場所によってはお願いしないとやってもらえないところもあるかもしれないので、心配なときはひと声かけておく方が良いかもしれません。

ちなみに、タイヤ交換が終わったあと、交換したタイヤのホイールバランスが心配な場合には、ホイールバランスの調整をする必要が出てきますが、こちらは別途料金が発生することが多いようです。

こちらも1本500円前後で行ってくれるお店が多いみたいですので、4本すべての調整を行う場合は、約2000円くらいと見ておけば良いでしょう。

ガソリンスタンドの保管料は5000〜8000円

自宅にタイヤを保管しておく倉庫がない場合や、交換時にタイヤ4本をガソリンスタンドまで運ぶのが大変・・・という場合には、ガソリンスタンドでタイヤを保管してもらうこともできます。

こちらの相場は、1年間でおおよそ5000〜8000円くらいのようです。

マンションやアパートに住んでいてタイヤを保管するスペースをほかに借りている場合の費用や交換のときにガソリンスタンドまで運ぶときの手間を考えると、年間に1万円もしない価格で保管してもらえるのであれば、これを利用するのも便利かもしれませんね。

タイヤの積み下ろしの手間は、交換時にタイヤ4本を車に積んでおろしてを2回、それを年間に夏と冬の2回行うというだけですが、かなりの重労働です。

特に女性の方にとっては大変な作業となりますので、女性の方はタイヤ保管のサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみにこちらを利用する場合ですと、夏と冬の2回、タイヤ交換とタイヤの保管料を合計すると、1年間にちょうど1万円くらいです。年間にその価格なら利用してみる価値はありそうですね。

スポンサーリンク

まとめ:タイヤ交換の時にタイヤ周りのチェックもしておくと安心

今回は季節ごとのタイヤ交換のアレコレについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

なかなかタイミングの難しいタイヤ交換ですが、特にスタッドレスタイヤは消耗も早いですので、無駄に消耗してしまわないように時期を見計らって交換していくようにしたいものです。

できることなら、空気圧のチェックやホイールバランスのチェックなど、車の安全な走行に欠かせないタイヤ周りのチェックも、タイヤ交換の時期に合わせて行うようにすると安心できて良いですね。

コメントを残す