桜は開花してから散るまで何日くらいなの?品種によって楽しむ期間は違う?

「次の休みにお花見行こうと思ってたのに、桜が散っちゃった」

あなたは、そんな残念な経験をしたことありませんか?

実際にボクは昨年、家族でお花見に行こうとしていた矢先にサクラが散ってしまい、ものすごく残念な思いをしました。

そこで、考えてみたんですけど、天候の影響で、例年よりも早く桜が散ってしまう場合などは仕方がありませんが、開花してから散るまでの期間がどのくらいか知っていれば、少しはお花見の予定が立てやすくなると思いませんか?

そんなワケで、今年こそは絶対にお花見に行くぞ!と意気込んで、まずは開花してから散るまで、桜を何日くらい楽しむことができるのか調べてみました。

スポンサーリンク


桜が咲き続ける期間は品種によって違う

開花したあと散るときが近づき桜吹雪が舞う風景
ひとくちに桜といっても、本当にさまざまな品種があります。
でも、大体の人が知っているものといえば、次の品種じゃないでしょうか?

ソメイヨシノ、エドヒガンザクラ、ヤマザクラ、シダレザクラ、ヤエザクラ

さらに上記に加えて、最近ニュースでよく見かけるカワヅザクラもありますよね。

今回だけで、すべての品種についてまとめることはさすがに難しいので、上記の大体の人が知っていると思われる品種について、それぞれ開花から散るまでの期間が何日くらいなのかを調べてまとめてみました。

  • ソメイヨシノ
  • つぼみから満開まで一週間。満開から散ってしまうまで一週間。花の時期は咲き始めから終わりまで、二週間ほどだそうです。

  • エドヒガンザクラ
  • 花の咲いている期間は、だいたい2週間くらい。エドヒガンが散ると、ソメイヨシノが咲き始めるといった感じでしょうか。

  • ヤマザクラ
  • 野生種のため開花時期にも個体差があり、ソメイヨシノのように一時期に集中して咲くことはありません。順々に咲いていくので、花を楽しめる期間が長くなります。また花と葉が一緒に出るので、その姿を愛でることもできます。

  • シダレザクラ
  • ソメイヨシノとほぼ開花を同じくし、また開花している期間もソメイヨシノと同じ2週間ほどです。

  • ヤエザクラ
  • ソメイヨシノから一週間ほど遅れて咲き始めます。花が咲いている期間も長いので、4月下旬ごろまで楽しめることもあります。

  • カワヅザクラ
  • 開花から散り終わりまで一か月と長く、花を存分に楽しむことができます。ただ、時には一月に咲き始める年もあるなど、いつ咲き始めるか予想を立てにくいというところもあるようです。

    そのため、カワヅザクラについては、開花を知らせるニュースなどをこまめにチェックしておいた方が良いかも知れませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ:春の日本は本当に桜一色

今回は、大体の人が知っていると思われる品種ごとに楽しむことができる期間について紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

このように、桜は種類によって楽しむことができる期間が違うようです。

今回調べてみて、ひとつの種類が散り終わると次の種類が咲くというように、3月から4月にかけて桜をずっと楽しむことができるということが分かりました。しかも、桜前線は西から東へとずれていくため、5月まで桜の開花を追いかけることもできます。

そう考えると、春の日本は桜一色と言えるのかもしれませんね。

今年はソメイヨシノだけでなく、いろいろな種類の桜でお花見を楽しんでみるのも良いかもしれません。

コメントを残す