送別会の挨拶の順番 送られる側が複数いるときはどうしたらいいの?

送別会の挨拶で伝えるありがとうの言葉
春は会社での人事異動や定年退職が多い季節。それは送別会の季節でもあります。

送別会といえば、つきものなのは「挨拶のスピーチ」

送る側に上司が一人、送られる側(主賓)も一人というような小規模な送別会なら特に悩むことはないのですが、送る側にさまざまな役職の上司がいる場合や、送られる側が複数いる場合など、送別会の規模が大きくなると挨拶の順番に迷うことがありますよね?

そこで今回は、送別会における挨拶の順番についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク


まずは送別会の宴会における大まかな流れを知っておきましょう

まずは、送別会における宴会の流れについて、大まかに見ていきたいと思います。
こちらについては、以前に乾杯前の一言の文例を紹介した記事から引用しました。

送別会の大まかな流れ

  1. 開会の言葉(幹事)
  2. 挨拶(出席者のなかで最も上の役職者)
  3. 乾杯(送られる方の直属の上司)
  4. 歓談
  5. 送る側からのメッセージ(送られる方がお世話になった上司など)
  6. プレゼント贈呈(送られる方の後輩や関わりが深い人など)
  7. 送られる側の挨拶
  8. 閉会の挨拶(出席者のなかで2番目の役職者)

一般的には上記の流れになりますが、「送られる側の挨拶」については最初の挨拶のあと、乾杯の前のタイミングで行われることも多いようです。

ただ、上記の流れについては、あくまで一般的なものであり、会社によっては最初の挨拶と乾杯を同じ上司にお願いしたり、閉会の挨拶を会社で1番若い人に頼んだり(?)といったこともあるそうです。

スポンサーリンク

送られる側が複数いる場合には、挨拶は役職が上の人から

感謝という花言葉をもつダリア
送られる側の方が複数いる場合にはどの順番で挨拶するのがよいのでしょうか。

結論から言いますと、役職が上の方から挨拶を行うというのが一般的です。

また、送る側の挨拶で、送られる側の人を一人一人紹介していくような場合であっても、やはり役職が上の方から行っていくことになります。

ちなみにですが、これは歓迎会の場合も同様で、一般的には役職が上の人から挨拶します。さらに、歓送迎会は「送られる側からの挨拶を、役職が上の人から」行い、その後「迎えられる側からの挨拶を、役職が上の人から」行います。

急に幹事を任された場合にあわてないよう、覚えておくと便利かもしれませんね。

まとめ:くれぐれも盛り上がり過ぎるのは気を付けましょう(笑)

いかがでしたでしょうか?

今回は送別会において送られる側が複数いる場合の挨拶の順番についてでした。
おさらいしておくと、一般的には「役職が上の人から」挨拶するのでしたね。

当日の流れを決めてしまえば、あとは当日、出席者に楽しんでもらえるようにスマートに司会進行するだけです。

くれぐれも、お酒が入って盛り上がり過ぎてしまい「あれ?!順番がくるった!」なんてことにだけはならないように気をつけましょう(笑)

スポンサーリンク




コメントを残す