子供の名付け 義父母が命名するって普通なの!?一般的に多いのは?

あなたのお子さんの名前はどなたがつけましたか?

子どもが誕生するまでワクワクドキドキ、あれこれ悩んでもなかなか決まらず、ものすごく迷ったという方もきっと多いと思います。

パパとママ2人だけで名前を考えるというだけでも大変なわけですが、そこで義父母など、ほかの方の意見も参考にしなくてはならないということになると、色々と意見が食い違って本当に大変ですよね・・・。

実際のところ、一般的には誰が子供の名前を決めることが多いのでしょうか。

ということで、今回はそんな子どもの名付けについて、ほかのご家庭では誰が決めているのか(決めることが多いのか)について、調べてみました。

スポンサーリンク


子どもの名付け 1番多いのはパパとママが話し合って決めるパターン

花で作った髪飾りをつけている笑顔のカワイイ女の子
やはり現代の世の中において、子ども名付けは「パパとママで話し合って決める」という家庭が最も多いようです。我が子への最初のプレゼント、そしてお子さんにとっては一生使う大切なものですからね。

そのほかですと、「祖父母が決める」「祖父母と話し合って決める」というように、祖父母の意見を入れるという家庭や、「お寺の住職さんの意見を参考にする」、「地元の有力者や識者の意見を取り入れる」といった家庭、さらには、「先祖代々名前に使用する漢字が決まっている」というご家庭まで、本当にさまざまな方法がありました。

キラキラネームなんて、当て字をフルに活用した今どきの名前があふれる昨今ではありますが、そんな昔からの「しきたり」を守っているというご家庭もいまだ多いようです。

何はともあれ、その名前を一生使っていくのは生まれてくるお子さんですから、お子さんにとってのこれからの人生が明るく、豊かなものとなるような、すてきな名前を付けてあげたいところですよね。

スポンサーリンク

パパとママで名付けをするときも「ルールを決めておく」と良い!?

子どもの名前はパパとママで話し合って決めるという家庭が1番多いことは、先にも触れました。でも、パパとママで名前を決める場合において、意見が分かれてなかなか決まらない・・・という場合も実は多いようです。

この場合は「どちらか一方がゆずる」または「双方が納得するまで名前を考える」という方法が一般的だと思いますが、そのほかの方法として、生まれてくる前に「男の子の名前はママが決め、女の子の名前はパパが決める」とか、「第一子の名前はパパが決め、第二子の名前はママが決める」といったように、あらかじめルールを決め、そのルールに従って名前を決めるという方法をとっているご家庭も多いのだそうです。

また、ルールとはちょっと違いますが、第二子の場合だと、いくつか候補をあげて、その中でから第一子に選んでもらうなんていう家庭もありました。どの名前が選ばれるのか、パパやママからすると、ちょっとドキドキかもしれませんが、家族みんなで名前を決めるというのは良いですよね。

パパとママの意見がすぐ一致するのが最も良いのかもしれませんが、なかなかそれも難しいといった場合には、「あらかじめルールを決めておく」というのは個人的に良い方法だなぁと、とても参考になりました。

子どもの名付け 祖父母がすると名前がなかなか決まらない!?

子どもの名付けを祖父母にお願いするというご家庭も、昔よりは少なくなってきているようですが、まだまだ多いようです。

「家のしきたり」として決まっている、パパやママが心から祖父母に子どもの名付けをお願いしている、子どもの名付けには祖父母の意見も交えたい、というような場合であれば問題はないのですが、場合によっては、意見が分かれる要因がひとつ加わり、名前がなかなか決まらないという事態に陥ってしまうということも多いみたいです。

姑さんのなかには、孫が生まれてうれしさのあまり周りが見えず、名前は自分がつけると勝手に決めてしまう方もいらっしゃるようですが、嫁と姑の関係はデリケートな場合が多いので、ちょっと注意が必要かもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ:名付けは「無限にある名前から1つを選ぶ」という最高の喜び

今回は、誰が子供の名付けをすることが多いのか、ということについて紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

考えてみると、無限にある名前の中から1つだけ最高の名前を選んで付けるということは、本当に大変ですが、同時に、それは「最高の喜び」でもありますよね。

いろいろな人の意見を聞いたり、本やネットを使用して調べてみたり、名前を呼ぶときの響きを確認するために実際に声に出してみたり・・・。名付けの方法には正解がないだけに悩むことが多いと思いますが、一生に一度の貴重な機会です。

できるだけ、納得がいくまで、愛情を込めて考えてあげてくださいね。

コメントを残す