子供の名付け 画数を気にする人って多いの?大吉数って何画のコト?

子どもの名付けって、本当に迷いますよね。

男の子なら元気でたくましく、そして、やさしい子になるような名前を、女の子なら誰からも愛され、賢くてやさしい子になるような名前を・・・という風に、できることなら、希望や願いをいろいろ込めた名前を付けたいというのが親心。

そんな風に考えて、良い名前を付けようと調べてみると、名付けの方法には、ホントにさまざまな方法があることに気付きます。そして、その方法のなかでも、名付けのときにメジャーな方法というと「画数」から名前を付ける方法が思い浮かぶのではないでしょうか。

突然ですけど、あなたは「画数」を気にしますか?

ボクも、子どもの名付けをするとき、「画数」が良いとか悪いとか、母親に言われて何度も名前を考え直した経験があります。

でも、実際のところ、ボクはそんなに「画数」を気にしていなかったため、最終的には、良くもなく、悪くもない「画数」の名前を子どもに付けましたが、どのくらいの人が画数を気にするのかということが正直気になっていました。

そんなワケで、今回は子どもの名前を付けるときに「画数」を気にする人がどのくらいいるのか、ということを中心にまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク


「画数」は「悪いよりは良いほうがよい」という意見が多数派

画数が大吉数になるように名付けられた赤ちゃんの手
まず、子どもの名前を付けるときに何を気にするかですが、もっとも多かったのは「自分の好み」を重視するという意見でした。

「好み」と大雑把に言ってしまうと少々分かりにくいのですが、たとえば、「好み」というと、次のようなものがありました。

重視される自分の好みの例

  • 好きな漢字を使いたい
  • 好きな響きにしたい
  • 昔から憧れていた名前にしたい
  • 好きなもの(地名や自然など)にあやかった名前にしたい
  • 好きな有名人にあやかった名前にしたい

「好み」とひとくちにいっても、その意見もホントにさまざまですね。

そして、気になる「画数」はというと、まずは「好み」から子どもの名前を考えてみて、参考程度に「画数」を気にするという人が多いようです。

「画数」を気にするかどうかという点については、「ものすごく気にする」という意見よりも、「少なからず気にする」という意見の方が多く、さらに、「少なからず気にする」という意見の人の多くは「悪いよりは良いほうがよい」程度に考えているようです。

ちなみに、「悪いよりは良いほうがよい」と考えている人の理由を詳しく見てみると、「女の子は結婚したら苗字が変わるからあまり『画数』を気にしない」という理由や「生まれたばかりで真剣に画数について考えても・・・」という理由がありました。

もし、女の子の名前を考える場合には、とりあえず「下の名前だけ良い画数にしておく」と良いのかもしれませんね。

いろいろお話しましたが、まとめてみると、子どもの名前を付けるときは、「画数」よりも、気に入った名前を付けることを最も大切だと考え、あくまで「画数」は「悪いよりは良いほうがよい」程度に参考にするというパパやママが多数派だということが分かりました。

スポンサーリンク

「画数」は最後の決め手に欠ける場合に参考にする

先にも述べたとおり、「画数」については「悪いよりは良いほうがよい」と考える人が最も多いようですが、そう考える人たちがどのように「画数」を参考にしているのかをもう少し具体的に見てみると、主に次の2つの方法で参考にしているようです。

多くの人が「画数」を参考にするときの方法

  • 自分の好きな名前をいくつか候補に挙げ、迷ってなかなか決まらない場合などに、その中で最も画数の良い名前にする
  • 響きを先に決め、あとから画数のよい漢字をあてる

上記の方法のように、いくつかの名前の候補があって、どれも最後の決め手に欠けるという場合に「画数」を参考にしているようですね。

良い画数と言われる「大吉数」は16・23・32

おみくじを引いたら名前の画数と同じ大吉だった
では、実際に良い「画数」とは、どんな「画数」なのでしょうか?

もっとも有名なのは、良い運勢を持つといわれる「大吉数」にするというもの。

その「大吉数」は、16画、23画、32画といわれています。

しかし、「大吉数」を「画数」にして名前を決めたとしても、女性の場合やそれぞれの運(家庭運、健康運、社会運)が同じ画数になる場合には家族の運気を消滅させてしまう可能性があったり、また、名前の画数の合計である総画を「大吉数」すると人生の変化が大きくなったりするという考えもあるようで、「大吉数」が良いとは一概に言えないものなんだとか。

子どもに名付けする場合には、さまざまな名付けに関する本もありますし、「画数」を判断してくれるサイトなどもたくさんありますから、そちらを利用してみるというのも良いかもしれませんね。

まとめ:「画数」はあくまでも参考にするというスタンスがオススメ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

たしかに名前は一生使うものですし、「画数」が悪いといわれるよりは、「画数」が良いといわれた方が良いですよね。おみくじだって凶よりは大吉が出たほうがウレシイですし・・・!?

でも、せっかく最高の画数を見つけたとしても、気に入らない名前になってしまっては本末転倒です。

子どもの名前を決めるときには、きっといろいろなものを参考にして決めると思うので、画数はあくまでも、その参考にするものの1つとして加えてみるというスタンスが個人的には一番良いような気がします。

あなたは「画数」について、どのように思いましたか??

スポンサーリンク




コメントを残す