雛人形の供養はいつすればいいの?最適な処分のタイミングは○○のとき!?

こんにちわ。ハチです。

立春を迎え、日差しが何となく明るくなってくると
女の子のいる家なら、そろそろ雛人形を飾らなくては・・・と
気になり始めますよね。

雛人形は、3月3日の桃の節句に女の子を祝う人形ですが、
本来は子供の身代わりとなり事故や病気から守ってくれるもの。

そして、子供の健やかな成長を祝い
女の子一人に付き一組、飾ることが一般的です。

現代は住宅事情がなかなかそれを許しませんが、
本当であれば、できるかぎり姉妹での兼用は避けるべきです。

そんな雛人形ですが、役目を終えたあと、
いつ、どのように処分したらいいか迷うところですよね。

そんな訳で、今回は雛人形の処分について、
処分のタイミングや費用など、気になったので調べてみました。

もしよかったら、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


雛人形の供養のタイミングはいつ?

ひな祭りに飾る女の子を守る雛人形

雛人形は、女の子一人に一組という考えから、
多くの場合は、子供が無事に成長して結婚すると
その役目を終える
と考えられています。

ただ、この考え方はあくまで多くの場合というだけで、
地域の風習などによって変わるものです。

地方によっては、雛人形を大人になるまでのお守りと考え
子供が成人したときに供養するというところもありますし、

子供が結婚して家を出るときに、一生のお守りとして
雛人形を嫁ぎ先に持っていくと考えるところもあります。

以上のように、様々な考えや風習はありますが、
共通しているのは、雛人形は、その一人に対する役目を
終えたときが処分、供養のタイミングになる
という点です。

そのため、雛人形を処分するタイミングがいつか考えるには、
その一人に対する役目を終えたときをどことするか、決める必要があります。

これについては、正直なところ正解というものがなく、
住んでいる地域の風習やその時代の考え方などで異なります。

ただ、大きく分けてみた場合には

雛人形が守ってきた女の子が結婚するとき

を役目を終えたと考えるかどうか、だと思います。

具体的には、その子供が結婚するときに、

1 処分する
2 子供が嫁いだ先まで持っていく
3 親が引き続き子供を思って飾る

という3つのうち、どうするかを決めることで、
自ずと処分するタイミングが決まることになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

雛人形の供養っていくらかかるの?

結婚するときまで役目を果たす雛人形

雛人形を供養してくれる寺社は、全国にあります。

もしかしたら、近くのお寺で供養してもらえるかもしれないので
一度、確認してみることをオススメします。

雛人形供養の料金はお寺によって様々ですが、
供養料金、事務手数料などを含んでも、
3000〜5000円が相場のようです。

なお、自分で寺社に雛人形を運ぶのが難しいという場合には
最近だと供養代行サービスをしている業者に依頼することもできます。

大体は申し込んだ後、宅急便などで業者に送ると
業者が寺社などで供養してくれるというものですが
配送料などを含めても5000円程度のようです。

場合によっては、こちらを検討してみてもいいかもしれないですね。

供養以外の選択肢とは?

また、供養というと大体は寺社で供養するイメージですが
あなたが一人に一組という考え方にとらわれないのであれば
供養する以外にも処分の選択肢はあります。

雛人形を寄付するという選択肢

寄付することで、誰かの役に立つのであれば、
もしかしたら、お雛様も喜ぶかもしれません。

ただ、寄付する場合には、寄付する先をどこにするのか、
決めるのがなかなか難しいところです。

雛人形は、ものによってはかなり大きいものになりますから、
寄付した先の迷惑になってしまうこともあります。

そうなると、お互い良い気持ちはしないので難しいですね。

雛人形を買取サービスに出すという選択肢

昨今では、リサイクルが当たり前になってきているので、
寄付するよりも、やはり買い取ってもらいたいと考えて
買取サービスを利用する人も多いようです。

場合によっては、見積りを出してくれるところもあるようです。

見積りを利用すれば、納得のいく値段かどうか
確認したあとに買い取ってもらえるので安心ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

雛人形を処分するタイミングを考えるにあたり
一番大事なことは、雛人形が役目を終えるのはいつか
を考えるということです。

昔であれば、女性にとってのゴールといえば
結婚だったのかもしれないですが、今の時代では
必ずしも結婚がゴールではないと思います。

そう考えると、雛人形が役目を終えるタイミングも
それぞれ個人個人のタイミングがあると言えますね。

あなたにとってのタイミングはいつですか??

もし良かったら、考えてみてくださいね。

スポンサーリンク




コメントを残す