ホワイトデーのお返し 本命チョコにはコレ!義理との区別が大切!?

ホワイトデーのお返しで本命と義理と区別しているかハートを通して見ようとする女性
ホワイトデーのお返し、あなたはどんなものを選んでいますか?

ひょっとしたら、「女性への贈り物って、選ぶのが本当に難しい・・・」なんて思っているのではないでしょうか?

とくにホワイトデーのお返しだと、義理と本命では区別が大切などという意見をよく聞くので、それぞれにどんな物を贈ったらよいのかと、本当に迷ってしまうところですよね。

そこで、今回はホワイトデーのお返しで、義理と本命ではどんなものをお返ししたらよいのか、そしてどんなものが人気なのかについてなど、まとめてみました。

スポンサーリンク


義理チョコにはスイーツをお手頃価格のギフトボックスで

義理チョコへのお返し、どんなものが喜ばれるのか迷ってしまって、なかなか決められないなんてこと、ありますよね?!

義理チョコだからといって、安っぽすぎるものをお返しするのも気がひけるし、数を多く用意しなければならない場合なら予算の都合もあるし・・・と、せっかくお返しするなら喜んでもらいたいと思ってはいるものの、本当に悩んでしまいます。

そこで調べてみたところ、義理チョコのお返しで人気なのは、美味しいスイーツ。とりわけ、ちょっと高級なスイーツが喜ばれるようです。

ただ、普通に買うと少々値段が高いので、お返しなら手軽な価格で用意されている小さめのギフトボックスがよいのではないでしょうか。

ちょっと高めのブランドでも、数個入りで1000円以内という商品が用意されていることも多いので、義理チョコのお返しなどで、大人数分を用意しなければならない場合でもオススメです。

味にうるさい女性たちをうならせるには、安いものがたくさん入った大箱より、個数は少なめでもちょっといいもの、おしゃれなものを選ぶのがポイントですよ。

スポンサーリンク

本命チョコにはそれなりの出費が必要かも!?

本命チョコの場合、相手の好みや性格がわかってることも多いかもしれませんから、そのお返しも選びやすいかもしれません。

調べてみると、本命チョコの場合も一番人気は美味しいスイーツなんだとか。

続いて、食事やアクセサリー、洋服やバックなどが人気のお返しのようですが、本命チョコのお返しということで、それなりの出費も覚悟したほうがいいかもしれませんね。

ホワイトデーには、奥さんや恋人に日頃の愛情を伝えるために、ホワイトデーのお返しをする人も多いと思いますが、バレンタインデーに女性から愛の告白とともにチョコレートを受け取ったことに対してお返しする人も多いと思います。

その場合は、ホワイトデーのお返しで明暗が分かれる?!かもしれませんが、一般的に人気と言われている、無難なお返しを渡すよりは、自分の気持ちに正直に、相手の女性のことを思い浮かべて選んだお返しのほうがいいのではないでしょうか。

あまりにも奇抜なものだとちょっと考えものですが、一般的に考えた場合には、あなたならではのお返しをしたほうが、相手の女性に気持ちが伝わると思います。

デパ地下に足を運ぶ前に、まずはあなたならではのお返しを探してみませんか?

手作りでお返しするなら親しい間柄になってから

ホワイトデーを連想させるラテアートのハート
調べていて分かったのですが、バレンタインデーに手づくりのチョコレートをもらったので、自分もホワイトデーに手づくりのスイーツをお返ししたいと考える、女子力の高い男子たちが最近急増中なのだとか?!

定番はチョコレートやクッキーですが、なかにはマドレーヌやフィナンシェなどの焼き菓子を作るという人や、マカロン、デコレーションケーキ、和菓子など、難易度の高いものに挑戦するという人までいるとか・・・。

もらった女性としても、「忙しい時間の中で、自分のためにここまで用意してくれたのか〜」と、きっと感激もひとしおでしょう。

ただ1つ注意点があって、手づくりでお返しするのは、「あくまでも奥さんや恋人など親しい間柄になってからにした方がよい」ということ。

これから愛の告白をしようとする段階や付き合ったばかりだと、女性の方がびっくりしてしまう可能性もあるので、あくまで二人の仲を考慮してチャレンジしてみるのがよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ:ホワイトデーには愛情や感謝の気持ちを伝えましょう

いかがでしたでしょうか?

ひとくちにホワイトデーのお返しといっても、義理チョコなのか本命チョコなのか、また、相手との関係はどのような関係なのか、などいろんなバリエーションが考えられるため、いざ贈るとなると、迷ってしまうこともしばしば。

でも、相手に喜んでほしいと思い、迷いながらも選んだものなら、どんなものであれ、その気持ちはきっと相手に伝わると思います。

普段はなかなか伝えられない、愛情や感謝の気持ちを、ぜひこのホワイトデーの機会に伝えてみてくださいね。

コメントを残す