父の日のプレゼントを手作りで!1歳の子どもと一緒に作るなら?

もうすぐ父の日ですね。

ボクもお父さんに何かプレゼントしようと考えているところなのですが、できることなら、なにか心に残るプレゼントがしたいと思っていろいろ探しているうちに、子供と一緒に手作りのプレゼントをしようと思い立ちました。

もしあなたにも小さいお子さんがいるなら、今年の父の日は、お子さんと一緒にプレゼントを手作りしてみるのも良いと思いませんか?

そこで、今回はボクが見つけたオススメの1歳の子供とでも一緒に楽しく作れるプレゼントをご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク


1歳の子供と一緒に楽しく作るなら絵の具遊びでできちゃうTシャツ

父の日のプレゼントを手作りする子供
今回ご紹介するのは何かというと、子供と一緒に絵の具で遊びながらできちゃう、その名も「手形・足型、ポンポン模様のTシャツ」です。

「手に絵の具をつけてペッタン!」

「足に絵の具を付けてギュッと踏んでペッタン!」

・・・そうすると、まだ小さくかわいらしい手形が紙に写りますよね。

また、丸めた綿に絵の具を含ませて紙に「ポンポン♪」

・・・そのように丸めた綿を押さえつけてみると、カワイイ模様が紙に写ります。

このように、無地のTシャツに子供と一緒に模様を描いた、世界で1枚のTシャツを父の日にプレゼントしようというワケです。

こういった絵の具遊びは幼稚園や保育園で取り入れているところも多いですよね。ボクの子供が幼稚園に行っていたころ、夏に絵の具で思いっきりカラダに絵や模様を描いていたことを思い出し、これはイイかも!と思いました。

きっと子どもたちも、おもいっきり楽しんでやってくれるハズです。

では、なんとなく想像がつくとは思いますが、一応作り方を説明しておきますね。

手形・足型、ポンポン模様のTシャツの作り方

材料:パパのサイズに合う無地Tシャツ・染料・絵の具(布用)・丸めた綿

  1. 床や絨毯を汚さないように新聞紙をまんべんなく敷く
  2. 子供の手のひらや足の裏に布用に染料を塗ってTシャツに押し付ける
  3. この工程を左右で交互に行うと、Tシャツの上を歩いたような模様や手のひらがTシャツに大きく残るのでとても印象的です。

  4. 丸めた綿を使って「ポンポン」と押し付ける
  5. スポンジを使う、または、ガーゼハンカチなどに綿を包み、てるてる坊主のようなものを作って準備して、そこへ布用のアクリル絵の具やメディウムを混ぜたアクリル絵の具などを、描画用うすめ液で溶いたものに浸します。

    絵の具に浸した綿をTシャツに押し付けると、絵の具がよく染みているところと、染みていないところの濃淡により、なんとも味わいのある模様ができあがります。

    ただ押し付けるだけでもいいのですが、濃淡を利用すると、さまざまな模様を描くことができそうです。パッとボクが考えた感じでは、かき氷のシロップが氷に染みこんでいる感じなんかも表現できそうです。

    また、丸めた綿だけではなく、ヤクルトの容器やプリンのカップなど、いろいろなものに絵の具を付けてみるのも面白そうですね。

染料や絵の具が子供の皮膚に付くことが気になるときは?

通常の布用染料であれば使用してもすぐに洗い流せば、とくに問題はないそうですが、「染料の絵具が子どもの皮膚に付くのは心配」という場合であれば、皮膚に浸透せず、簡単に洗い流すことができる布用絵の具を使うと良いでしょう。

ボクが見つけたのは、水で薄めることなく、そのまま指にのせるだけで描くことができるという商品でしたが、これだと安心してお子さんと一緒に遊びながら作ることができるのではないでしょうか。

ちなみに、上記の商品は通販のホビー・クラフト専門店で見つけましたが、ロフトや東急ハンズなどでも入手できそうですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ:パパがウレシイのはプライスレスな子供からの贈り物

子どもと絵の具で楽しく遊びながら作れる父の日のプレゼントを紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

今回紹介したのはTシャツですが、同じようにタオルなどで作っても良さそうです。

ボクが父の日にもらうなら、やっぱり子供が一生懸命手作りしてくれたものが1番ウレシイです。世界に1つだけしかないですし、何より子供の成長を感じることができますよね。

「コスパOK」「子供も楽しい」「パパも感動」

手作りのプレゼントは本当にイイコトづくし(笑)
もし良かったら、あなたも参考にしてみてくださいね。

コメントを残す