転勤する上司に餞別を送りたい 「のし」の書き方や贈り物のオススメは?

転勤する上司の餞別に感謝の気持ちを書いたメッセージカード
春は会社での転勤や異動など、別れと出会いが多くなる季節。
お世話になった上司が転勤する場合など、餞別を贈る方も多いと思います。

こんな場合、課や部などで連名で贈るのがよいか、個別に贈るか、品物を贈るか、お金を贈るか・・・。さらに、その金額はどれくらいがよいのかなど、いろいろと迷うことも多いですよね。

今回はそんな上司への餞別についてのマナーや、金額の相場、喜ばれる贈り物などについて、まとめてみましたので紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


個人で渡すなら相場は3,000円〜5,000円

転勤される上司の方へ、これまでの感謝の気持ちと、これからもお元気でとの気持ちを込めて、餞別を贈るという人は結構いると思いますが、一体いくらくらいが適当なの?と迷ってしまうことも・・・。

ということで、ここではそんな餞別の相場について見ていきたいと思います。

上司が通常の転勤で、餞別を個人で渡す場合は3000円〜5000円が相場なのだそう。これは転勤する方との関係や、渡す側の立場などにより少々変わってくるところもあるようですね。

また、部や課など、数人でお金を出し合いまとめて渡す場合は、ひとり1000円〜3000円が多いそうです。

こちらは例えば一口1000円として、個人の立場などにより口数を選択するという形にすることも多いのだとか。(例えば、ある程度の役職であれば三〜五口、新人であれば一口など。)

さらに、現金で餞別を贈る代わりに、みんなから集めたお金で記念品や花束を贈ったり、送別会を開いて送ったりするという場合も結構あるようです。

スポンサーリンク

個人で上司に餞別を贈る場合は「おはなむけ」

上司に現金で餞別を贈る場合についてですが、のし袋の表書きで1つ注意点がありますので、ご紹介しておきます。

それは、個人で上司に餞別を贈る場合は「御餞別」ではなく「おはなむけ」と書くのが正しいということです。

理由は、目下のものが目上の人に餞別を贈るのは失礼とされているからで、部や課などでまとめて餞別を贈る場合には、通常どおり「御餞別」や「御礼」としても問題ありません。

気になる送り主の書き方については、部や課でまとめて贈る場合は「●●会社○○部一同」(同じ会社内では社名は省略可)とし、個人で贈る場合は個人の氏名を書くようにするとよいみたい。

ついでに、のし袋に関して言うと、餞別の場合は、紅白の蝶結びの水引きがついたのし袋を使用するのが一般的ですが、もし急な場合などで、のし袋が用意できないときは、白い封筒でもよいそうです。

おすすめは贈る相手の趣味や好みに合わせた贈り物

本の中に見つけた感謝の気持ちを表すありがとうの文字
先述のとおり、最近は現金じゃなく贈り物で餞別を贈る人も多いようです。
ということで、餞別で人気の贈り物にはどんなものがあるのか調べてみました。

まず、転勤される方への贈り物、なんといっても定番は花束

女性上司の場合は華やかで喜ばれますし、男性上司の場合はなかなか花束をもらう機会も少ないでしょうから、例外なく喜んでもらえるのではないでしょうか。

ただ、花束だけだと物足りないと感じてしまいますので、次のようなプラスアルファの贈り物をするとよいと思います。

男性上司の場合

    ちょっとハイセンスなボールペン(5000円〜10000円)
    シューケアセット(3000円〜5000円)
    フレグランスソープ(1つあたり1000円〜2000円)
女性の上司の場合

    ハイセンスなボールペン(5000円〜10000円)
    ハンドクリームとリップバームのセット(2000円〜3500円)
    カトラリーセット(3000円〜6000円)
    ルームウェア(5000円〜20000円)

上記のほかに、ちょっとセンスを感じるデスク周りのグッズや高級タオル、センスが良いティーセットなどは、男性・女性どちらにも人気があるようです。

また、人気の贈り物をするのも良いですが、贈る相手の趣味に合うものや好きそうなものをこっそり調査して贈るなどというのも、喜ばれると思います。

例えばお酒が好きな上司だったら美味しいお酒や素敵なグラス、スポーツが趣味の上司だったらそのスポーツで使える小物類やシューズ、といった具合にチョイスして贈るといった感じですね。

スポンサーリンク

まとめ:心のこもった餞別で感謝の気持ちを伝えましょう

いかがでしたでしょうか?

今までお世話になった上司に喜んでもらえるような、気が利いた餞別を贈りたいという気持ちはみなさんきっと共通ですよね。

あれこれと迷ってなかなか決まらない?!なんてこともあるかもしれませんが、悩みながらも心のこもった素敵な贈り物を選んで、新天地へのはなむけとして差し上
げたいものです。

あなたのそんなすてきな感謝の気持ちは、上司の方にもきっと通じると思います。
この記事を参考にして、ぜひ喜ばれる贈り物を見つけてくださいね。

コメントを残す